« August 2005 | Main

September 20, 2005

名探偵コナン 水平線上の陰謀

名探偵コナンの新作をDVDで。

珍しく毛利小五郎が活躍する。トリックはおもしろい。犯人の設定も良い。

ただし、緊迫感があまりなく、映画としてのエンターテイメント性に欠けている。

次回、10周年記念作に期待したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

恐怖の存在

マイケル・クライトンの新作。

これまでの作品とは少し異なる感じである。

メインは「地球温暖化」を見せテーマにしつつ、情報操作について考えさせるものである。
これまでのように、最先端(一歩先を行く)技術が展開されるわけではない。

海洋物、悪役の存在といったものもあり、クライブ・カッスラーのテイストに似ている。

ただし、内容は重厚で、科学が嫌いな人は読み進めないかも。

また、惜しむらくは、なんであんな少人数で戦わなければならないのか、などテーマを重視するあまりか、細かい点で疑問が多くなるところか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main