« フェルメール | Main | 社長の固い握手 »

June 08, 2004

自分というブランド

今日,某有名企業で活躍されている女性とお話をした。

大企業の中にあっても,その枠にとらわれた行動ではなく,自分というブランドを持って,社外でも活動をしている姿はすばらしいものがある。

毎日の業務に問題意識を持って取り組み,そのために行動をしている。単なる批評家ではなく,会社を愛し,会社を良くするために何をすべきかを考え,行動している。この姿には学ぶべきところが多い。この行動が自分というブランドを作るのだろう。

私の場合も大企業に所属しているが,○○会社の○○と言わなければ,誰にも認知してもらえないだろうし,信用度も違うことだろう。

大企業の社員にありがちなパターンは,
会社に対しての批判は多いが,行動に移す前に,どうせだめだろうと考え,あきらめてしまう。
社内にこもった活動に終始する。
その枠の中だけの考えしかできない。
といったところだろうか。

がんばれ,大企業の社員!!
(当然,自分も含んでいます)

|

« フェルメール | Main | 社長の固い握手 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30077/772803

Listed below are links to weblogs that reference 自分というブランド:

« フェルメール | Main | 社長の固い握手 »