« PGゼータガンダム完成 | Main | 超電導 »

May 19, 2004

上司と部下の関係

リーダーシップについての考察

次のようなことを聞きました。

・上司と部下の関係は「一緒に橋を渡る」関係ではなく,
 「橋の反対側から強制的に渡らせる」ものである。
・上司は部下に対して,怒る必要がある。

このような関係が少ないからこそ,このような言葉がでるのだと思いますが,私個人としても,確かに最近の上司と部下の関係は「参加的」な関係が多く,「指示的」な関係は少ないと感じています。

しかし,なぜ怒れないのか,なぜ「参加的」になってしまうかを考えると,その人自身が育ってきた環境,変化の激しい仕事の中での自己のスキルへの不安などがあるのではないかと思います。

とは言っても,リーダーは必要であり,優秀なリーダーもいるので,企業(自分を含めて)が発展していくためには,

・優秀なリーダーを作る
・リーダーの資質を持った人を見つける

をしなければなりません。しかし,どちらも大変です。大企業ではもともとマネジメントのスキルは要求されていても,リーダーシップのスキルは要求されていなかったのですから。

地位が人を育てるとも言えますが,ベンチャーの地位のある人が皆,リーダーシップを持っているかというと?です。

でも,やはり若いうちから鍛えてリーダーを作っていくのが現実的な解なんだと思います。


|

« PGゼータガンダム完成 | Main | 超電導 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30077/617879

Listed below are links to weblogs that reference 上司と部下の関係:

» 上司はF1レーサー? [Inspire weblinks]
最近、上司と部下の関係についてよく考えるが、ちょっとヒントが見つかった気がする。 今の僕と上司の関係は、「F1レーサーとメカニック」の関係の要素を持ってい... [Read More]

Tracked on June 14, 2004 at 08:09 AM

« PGゼータガンダム完成 | Main | 超電導 »